アニメ・漫画

モノクマの新キャスト発表!2代目はTARAKOさんに決定!

monokuma

なんとモノクマの新キャストが発表されました!以前大山のぶ代さんの記事を書きましたが、恐らく病気の方が進行していってるんでしょう。仕方のないことではあります、ただ寂しいです。

とはいえTARAKOさんもかなりのベテランです。ちびまる子ちゃんのイメージが強くてもそこはモノクマのイメージを守ってやってくれていると思います。

今回は舞台で先駆けてモノクマを演じるみたいで、今後のモノクマはずっとTARAKOさんが演じるみたいですね。今年は舞台もゲームもダンガンロンパ3もあるので結構な数を収録することになるんじゃないでしょうか。

ダンガンロンパ公式サイトの特設ページの内容

特設サイトに飛ぶとまずは動画が表示されます、モノクマからのお知らせって感じです。動画はこちら。

公式の新キャスト発表特設サイトはこちら

また特設サイトにはTARAKOさんのボイスメッセージと、大山さんからの文面でのメッセージ、ゼネラルプロデューサーの寺澤さんよりご報告がありました。

文面で書いてあった大山さんのメッセージを引用させていただきます。

みなさん、こんにちは。大山のぶ代です。
いつもダンガンロンパを応援してくださり、ありがとうございます。

私が演じてきたモノクマですが、このたびTARAKOさんに交代をしていただくことになりました。

TARAKOさん、どうぞよろしくお願いいたします。モノクマはとってもかわいい良い子だから、大切にしてあげてね。

これからも「ダンガンロンパ」をよろしくお願いいたします。

ドラえもんの事すら忘れていた大山さん、モノクマのことも忘れてしまったのかもしれません。このメッセージはきっと旦那さんも目を通して一緒に書き上げてくれたんだと信じます。

新しいモノクマの感想

ぶっちゃけて言います。

思ったよりも違和感が全然なかった。

と言うのもですね、やはりTARAKOさんはベテランということもあってキャラの掴みが上手いんだと思います。

元々のモノクマのイメージを崩さないようにやってくれてるし、それでいて新しいモノクマの可能性を引き出してくれているんじゃないかと。大山さんが演じられないことは悲しいですが仕方のないこと。それにそろそろ休んでもらったほうが安心という事もあります。

ヘタに若手の人間を起用するよりも断然安心感がもてます。ダンガンロンパには固定のファンも多いですし、制作チームもきっと頭を悩ませたことだと思います。もしかしたら批判する人間もいるかもしれませんが、私は新しいモノクマを応援したいですね!節々で違う、って思う場面が出てきたとしても「それが新しいモノクマ」と考えられるようになりたい。

まぁホントなら一番の策はモノクマではなく、違う種類のモノクマ(絶望少女の時の様な)を出す…っていうものなんじゃないかとも思いますが、モノクマはダンガンロンパの顔だから出さないわけにもいかなかったんでしょう。

何より私はまだまだダンガンロンパで遊びたいので続いてくれている事が嬉しいのです。それに日向クンたちの過去編も見なきゃいけないですからね!!w

違和感がなかったもうひとつの個人的な要因

さて上記でTARAKOさんの技量のお陰で違和感がなかったといいました。でも個人的にはもうひとつ理由があると思っています。

ちびまる子ちゃんの声でおなじみのTARAKOさん。あまり悪役としての活躍を聞いたことが無い方もいらっしゃるでしょう。しかし私には聞き覚えがありました。

チュンソフトがスパイクと合併する前に出した最後のゲーム。善人シボウデス。

実はこちらのゲームもダンガンロンパの様な、閉じ込められる系のやつです。そしてゲームマスター、ダンガンロンパでいうモノクマの立ち位置のキャラクターとしてゼロ3世というウサギのキャラクターがいます。

zero

モノクマには及びませんが、こいつもなかなかゲーム中にはいらついたりします。妙にハイテンションで…あれモノクマみたいだね。とにかくこのゼロ3世のしゃべりを聞いていたお陰もあってなのか、新モノクマの違和感は少なかったです。悪役でも全然いけるんだなぁTARAKOさんは。

ちなみにこの善人シボウデスっていうゲームは極限脱出 9時間9人9の扉というゲームの続編。1よりこの善人シボウデスの方が面白かったです。2から始めてもまぁ何とか話にはついていけるんじゃないかな?

ダンガンロンパと似てる、とは言いましたがこちらはマルチエンディングになっていてそれならではの物語、世界観が楽しめます。興味ある方はぜひやってみてください!あ、脱出ゲームの要素があって謎解きになってますよー。

まとめ

今後いつぞやのタイミングで大山さんが仕事をやめることはわかっていましたし、驚きというよりは「やっぱり…」という気持ちもありました。でも大山さんのモノクマにはダンガンロンパ1,2のゲームで会える!うん、寂しくない!と言い聞かせます。

それにTARAKOさんの演技にも期待していますし、2016年発売のゲーム、ニューダンガンロンパは過去の希望ヶ峰編とは別の世界観なのでちょうどよかったのかもしれませんしね。

この感覚はドラえもんのキャストが変わるっていうときの感じと近いかも…実は新しいドラえもんに関してはずっと受け止められないまんまだったんです。だから今のドラえもんは見ないです。流してても声だけでは気付けなかったり…。でも今回はすんなり受け入れられた自分がいます、なんでなんでしょう?これについては理由がわからないです。

声優業界はよく聞く声の人たちの年齢が上がってきてますし、こういうキャスト交替の話も珍しくはなさそうですね。

さて長くなってしまいそうなのでまとめます。頑張れ、TARAKOさん!新モノクマ!うぷぷぷぷ~!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.