映画

実写版・進撃の巨人映画後編のネタバレ含む素直な感想。

今回は後編のネタバレ感想です!前編の方もネタバレ感想書いてるから気になる人はまずそっちからチェックしてみてください。じゃあ今回もさくっといってみますね!前回よりもすこーし辛口になるかもしれない…。

進撃の巨人エンド オブ ザ ワールドあらすじ

超大型巨人によって破壊された壁の穴を修復すべく、外壁修復作戦に出発したエレン達であったが、巨人の急襲で窮地に陥ってしまう。
調査兵団を率いる“人類最強の男”シキシマによってその危機を免れるが、巨人は侵攻の手を緩めない。
そんな中、手負いとなったエレンは、仲間のアルミンをかばい、巨人に飲み込まれてしまう―。
誰もが絶望しかけたその時、謎の黒髪の巨人が出現し、他の巨人達を駆逐し始めたのだった。

「この作戦に失敗したら、それで人類は終わる」

巨人はなぜ現れたのか。人類はなぜ戦うのか―。今、人類最後の反撃が始まる。

今回のこの記事を書くにあたって進撃の巨人エンド オブ ザ ワールドの公式サイトも見てきました。結構作りが凝っていて見てるのは面白かったですが、画面酔いしました…。読み込みにも多少時間のかかるサイトだから気をつけてみてください。

進撃の巨人エンド オブ ザ ワールド公式サイト

※追記
公式サイトは消えるのが結構早かった…

映画進撃の巨人、後編のストーリー・ざっくりバージョン

shingeki2

前編ではアルミンを助けるためにエレンが身代わりになって巨人に食われ、そして巨人がおえっと気持ち悪そうな動きをしたと思ったらエレンが巨人化!あたり一帯の巨人を蹴散らして、人類の味方か!?なんてところで終わったと思います。

後編の最初の方にはご丁寧に前編の流れを一通り流してくれて一応の配慮がありました。なんとなく思い出してきたところから後編のお話スタート。

エレンの回想

最初はエレンの過去の回想で父親に怪しげな薬を注射器で指されていたところでした。その時に父親はその実験がばれて母親もろとも政府の人間に連れて行かれる。

そのとき一緒にいたソウダさん(ピエールさん演じるオリジナルキャラクター)がエレンと一緒に隠れてなんとか難を逃れる。

次にエレンが目覚めたときはすでに身体を拘束されている状態でした。巨人か人間かと問われ必死に人間だと訴えるエレン、しかし信じてもらえない…いよいよエレンの身が危ぶまれた時に鎧の巨人がやってきて連れさらわれた!

連れ去られたエレンの行方は

そしてまた目覚めたときには真っ白な部屋だった。シキシマにこの世界の真実を明かされるエレン。実はシキシマには目論見があった。巨人は元々人間であり、兵器として使われようとしていた。それが何らかの失敗で突然変異のように巨人がはびこっていってしまったそうな。そこで人類は壁を築き上げた。人類に平等の敵を与えることで恐怖によるコントロールがしやすくなる…っていうイメージだったと思います。どうやら内地では権力者たちが快適な暮らしをしているんだとか…

おぼろげで申し訳ないです。

シキシマはエレンに壁を壊してその権力者たちをぶっ殺そうと提案する。しかしエレンはそれを拒否。
壁を爆破して穴を塞ぐために奮闘しているミカサたちに合流してミカサたち側につく。

すると…シキシマが自らに刃を立て巨人化。意外とあっさりシキシマをやっつけた後、エレンたちは当初の目的を達成するために壁へと向かう。しかしそこで再び壁を壊した超大型の巨人に出会い…

感想と一緒にツッコミタイム

さてこの後から気になったところに色々突っ込んでいこうと思います。

エレンの父親役になぜその人を起用した!?

なんとエレンの父親役に出てきたのはSMAPの草薙剛さんだった!アニメで見たのをおぼろげに覚えてはいたけどまったくもって草薙くんの要素は感じなかった。驚きのあまり笑ってしまいそうになってしまいました。

登場シーンは本当に短いものだったけど無駄にインパクトだけはあったような気がする。どういう理由で起用に至ったのかちょっと聞いてみたいですね。

エレンに兄がいる?その正体はシキシマ?

エレンの幼い日の回想シーンに兄が云々…って話が出てきました。流れから察するにエレンのほかに巨人化したのはシキシマだから、恐らくシキシマが兄なんじゃないかと思うけれど回想以外の場所ではまったく触れられていないから確かめられない。

ぶっちゃけて言えばその設定を組み込むことによって何か意味があったのかと思ってしまいましたねー…そういえばエレンの巨人化について、エレンが尋問されている時にソウダさんが何かを話そうとしたら銃殺されてしまいました。恐らく兄弟の話もしようとしていたのかも。

無駄なラブシーン再び

前編でも無駄なラブシーンが多かったけれど、今回もありました!
それはミカサとシキシマがキスをするという演出。エレンはシキシマの提案を受け入れずにいました。そしてミカサもまたエレンについていくという選択をした。エレンは説得できないと思ったのか、シキシマはミカサの方に近寄りエレンに見せ付けるように濃厚なキスをぶちかます…!うーん、必要?

この映画では恋愛要素を入れないと気がすまないのか、アルミンとサシャの妙なフラグも気になった。原作でもこんなシーンあったんだろうかと思うところもしばしば。

お気に入りキャラサンナギ、男を見せて死亡

sannagi
サンナギー!!!!

オリジナルキャラの中では一番のお気に入りだったサンナギ…仲間の為に先に行けよと身体を張ってとうとう死亡。私の中ではエレンよりも男前だったんじゃないかと思う活躍ぶり。

逆にジャンなんかは最期の方まで生き残っていたけど…うーんwって感じだった。エンディングのときはハンジも生きてはいたけど、「うひょー!!」と言っていた記憶しかなくて前編とは少し評価が変わりました。

結局壁とは、巨人とは何だったのか

最終局面で再び超大型巨人と出会うエレンたち。実はその正体は指揮官であるクバルだった。巨人への恐怖を忘れ外の世界に希望を見出すことが許されなかったのか、支配しやすい家畜のままでいさせたかったのかクバルはエレンたちの前で堂々と巨人化をして壁の爆破作業をさせまいとしていた。

クバルがあらわれる前に爆弾に時限装置をつけていたり、更にその前にはシキシマと戦っていたせいでエレンには体力が残っていない。ピンチ。

しかしそこで死んだと思っていたシキシマが現れて、なんと爆弾抱えてクバルにつっこんでいった!どっかーん。

最終的に平和(?)になった世界。壁の上に上ってエレンとミカサが見た外の世界には…海。渡り鳥も飛んでいてその世界はきらきらして見えていました。

そこで最期に不穏な映像…エレンが一度行った白い部屋が映され…

「実験区(?)から2個実験体が出たらしい」

↑台詞は多分違うけど内容はこんな感じ。これが次回への伏線なのか単純に壁内の人間はただの実験動物だと言っているのか…

まとめ

自分でもよくわからないぐらい書きなぐっててわかりにくくてごめんなさい!あふれ出てくるツッコミが止まらなくてこんな感じになりました。

後編は前編に比べるとインパクトにかけて、グロさもそんなになかったです。話もごちゃごちゃしていたし最終的なエンディングもなんとなーくつまらない感じでしたね。

シキシマが謎にシャンパンを飲んでいたり…
ミカサは前編のときにあんなに怒っていたのに、エンディングはにこやかだし…

ミカサの心情はいまいちよくわからない。エレンが尋問されている時に、原作のミカサならすぐにでもエレンを助けたい想いでキっと指揮官を睨み付けそうなのにおろおろ?おどおどしているだけで反応も微妙。アルミンはかっこいいかんじだったけど。

原作を差し引いたとしてもなんだか最後のほうはつまらなく感じてしまいましたね。ごめんなさい。
後編だけ見てみようって思う人はいないと思いますが、実写の進撃の世界を楽しむのであれば前編だけでもいいかもしれないですね。実際に巨人がいたらあんなグロテスクな惨事になるのかと驚きがありましたから。

とりあえず早くアニメの進撃2期を待ち望んでおきます!!

※追記 2期も衝撃がはんぱなかった…。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.